何でもいいから、500円くれよ!!

日記・好きな事の考察や感想・オリジナル小説等を書いていきます。

仮面ライダージオウ 第18話感想&映画見に行ったよ

www.movie-taisen.com

3日前に映画『仮面ライダー 平成ジェネレーションズ FOREVER』を観てきました。
クロスオーバー系作品なのでいつものようにお祭り騒ぎ重視でどうせシナリオは適当なんだろうなーと舐めてかかったところ、みごとに打ちのめされました。
蓋を開けてみると非常に良くまとまっていた良作で、本筋のシナリオもしっかりしつつお祭り要素もてんこ盛りだったので平成仮面ライダーシリーズをたくさん知っていればいるほど感動できる作品になっていました。

特撮を愛する気持ちに年齢は関係ないと改めて感じたので、大きいお友達もちびっこも、まだ観てない人は映画館へ急げ!

そんなこんなで、仮面ライダージオウ18話感想やっていきまーす。


f:id:ojisanno500yen:20190114194337j:plain

仮面ライダーウォズ・フューチャーリングシノビ登場!

【あらすじ】
アナザーシノビを倒すため、2022年の仮面ライダーシノビの所へ向かおうとするゲイツツクヨミだが、歴史が変わり始めている影響で未来にいけなくなってしまう。

そこで白ウォズは現在のアナザーシノビそのものをジオウに何とかして貰うことにする。

ジオウの説得と戦闘によりアナザーシノビになることを拒否した蓮太郎。彼の「自分の未来は自分で切り開く」という決意に呼応するように、白ウォズの手元にあるライドウォッチがシノビウォッチに変化。それを使って仮面ライダーウォズ・フューチャーリングシノビに変身しアナザーシノビを完全討伐した。

【感想】
仮面ライダーシノビは他のレジェンドライダーと同じような扱いのようですね。
てっきり準レギュラー化するのかと思ったのに…これっきりで終わらせるにはもったいないと思うけどなー。

ゲイツツクヨミが未来を変えるために2019年に来た時点で歴史が分岐するのは避けられないことだったと思うんですが、それによってまたシナリオが複雑になってきましたね。
蓮太郎がアナザーライダーの力を拒否したらシノビウォッチが現れたのはちょっと意味がわかりませんでした。彼は自分の未来は自分で切り開くという決意をしただけで、まだ仮面ライダーになってすらいないんですけどね。
意志を持つことそのものが大事だというなら、2022年に仮面ライダーシノビが存在している事が確定しているのだから白ウォズは最初からシノビウォッチを持っているはずです。

ま、あんま細かいこと言ってたらキリないんですけどね。

 

f:id:ojisanno500yen:20190114194448j:plain
f:id:ojisanno500yen:20190114194507j:plain

それにしてもこの策を思いついたスウォルツおじさんはやはり有能ですね。

 

f:id:ojisanno500yen:20190114194400j:plain
f:id:ojisanno500yen:20190114194347j:plain

真剣な表情の2人。『覚悟』というセリフから想像するに、歴史が変わってしまうと自分たちが元いた世界が消滅するので帰れなくなる事への覚悟か、もっと最悪は元の世界が消滅したら自分たちがいなかったことになるので自分たちも消えてしまうことへの覚悟なのか…いずれにせよ2人が背負う歴史改変の代償はとても重い物になりそうです。

ところでこの作品のタイムトラベル関連の設定ってドラえもん系(道中がいくらぐちゃぐちゃになってもゴールが同じだから問題ないよ理論)、バックトゥザフューチャー系(過去の変化に合わせた未来にその都度なるよ理論)、ドラゴンボール系(過去を変える度にパラレルワールドが出来るよ理論)のどれになるんでしょうね?

今のところドラゴンボール系が有力ですけど、そうなるとゲイツ達は過去でどんな行動をしようと本来いた2068年の世界には何の影響もない、ということになるので結局暴君オーマジオウが支配する荒廃した世界へ帰るという未来トランクスっぽい宿命が待っていることになります。

もしかすると過去の世界で習得した力や秘策で2068年のオーマジオウを倒そうとしているのかも知れません。それだとまさに未来トランクスですね(笑)

どんな結末を迎えるのか、気になりますね。


【気になったところ】

f:id:ojisanno500yen:20190114194203j:plain
f:id:ojisanno500yen:20190114194221j:plain

黒ウォズ・白ウォズはオフィシャルなのね

f:id:ojisanno500yen:20190114194520j:plain

真魚ちゃん、俺行かなきゃ!」みたい

 

f:id:ojisanno500yen:20190114194240j:plain
f:id:ojisanno500yen:20190114194251j:plain
f:id:ojisanno500yen:20190114194303j:plain
f:id:ojisanno500yen:20190114194314j:plain

この一連のセリフが全部白ウォズに未来を操作された結果だと思うと…

 

f:id:ojisanno500yen:20190114194326j:plain
スカーフかっこいいな~

 

f:id:ojisanno500yen:20190114194417j:plain

仮面ライダークイズ!?かなり斬新なデザインだ(笑)

 

f:id:ojisanno500yen:20190114194430j:plain

中の人は特命戦隊ゴーバスターズ桜田ヒロム役だった鈴木勝大さんですね!
戦隊OBがいっぱい出るのも嬉しい要素ではありますね(^。^)


それではまた来週~

仮面ライダージオウ 第17話感想

f:id:ojisanno500yen:20190109190800j:plain
f:id:ojisanno500yen:20190109190923j:plain

仮面ライダーシノビ&仮面ライダーウォズ登場!?

【あらすじ】
新年を迎えたクジゴジ堂にウォズが顔を出し「アナザーライダーが現れたが、どの時代のライダーかわからない」と言うのでソウゴ、ゲイツツクヨミはその正体を探ろうと街へ出る。アナザーライダーが起こした事件現場を調べていると、ソウゴの影からアナザーシノビが現れ、3人に襲いかかった。2対1で苦戦したアナザーシノビは隙をついて逃げ出し、それを追おうとするジオウの前に、いつもと様子が違うウォズ(以降白ウォズ)が登場する。そこに普通のウォズ(以降黒ウォズ)も現れ、危機を感じてジオウ、ツクヨミと共にその場を離れた。

しかし移動した場所にもすぐ白ウォズとアナザーシノビがやってくる。白ウォズは「アナザーシノビのウォッチを得る」と宣言するとなんと仮面ライダーウォズに変身してアナザーシノビを討伐。

白ウォズは自身を『別世界の未来からやってきた』と告白し、彼の未来ではオーマジオウはゲイツリバルブに倒され世界は救われるらしく、この時代のゲイツのことを「我が救世主」と呼んで跪いた。

【感想】
今週から下山健人氏が復活しましたね。予想外のシナリオを期待してますよ!

ソウゴの夢の中で登場した仮面ライダーシノビですが、結構良い感じですね。デザインもアクションも歴代平成ライダーの中でも上位に入る格好良さだと思います。ただ変身する青年、神蔵蓮太郎役の俳優さんがニンニンジャーのキンジ・タキガワであることと、変身後の名乗り向上や変身音声が戦隊っぽく、もっと言えばニンニンジャー感が凄いなと思いました。ニンニンジャーと同じ脚本家だからという色眼鏡がかかっているせいでしょうか?

まあでも蓮太郎そのもののキャラクターはとても好印象です。
強くないけど悪い奴を見ると放っておけないという、ヒーローらしい性格をしているのでこれからの活躍に期待しています。

別世界からやってきた白ウォズは今後のキーキャラクターですね。
タイムジャッカーの時間停止能力が通用しない上に、電子本に書き込むことで思い通りの未来を導くことが出来るのはちょっとチート過ぎる気がしなくもないですが、これをどう攻略するのか、あるいは素直に味方になるのかジオウチームの動向が気になります。

仮面ライダーウォズの変身シーンはポーズ、待機BGM、演出は文句なしに格好良かったのですが、音声が非常に残念でした。ギャラクシーのCMの時点であまり好きな声じゃないな~と思っていたので、これからウォズが変身する度にこの声を聞くのかと思うと…ちょっとな〜(^_^;)

ゲイツに強化フォームフラグが立ちましたね。
別世界ではゲイツリバルブによってオーマジオウが倒されているそうで、もしかすると白ウォズはその未来へ導くためにゲイツと手を組み、ソウゴや黒ウォズと敵対関係になるかもしれません。

ともかく新年1発目の新展開からいきなり様々な要素をぶち込んで来ました仮面ライダージオウ、白ウォズの動向やゲイツ強化フラグ、仮面ライダーシノビがいつ本格登場するのか等、今後の展開が非常に気になります。

【気になったところ】

f:id:ojisanno500yen:20190109190809j:plain
フランクな挨拶

 

f:id:ojisanno500yen:20190109190822j:plain
f:id:ojisanno500yen:20190109190833j:plain

動揺するウール君かわE
まあ車にぶつかった程度でダメージがあるとも思えませんけどね。
ていうか車を破壊するか飛んで避ければ良かったのでは?

 

f:id:ojisanno500yen:20190109190902j:plain

眠いし、寝るしって繋げたい(笑)

 

f:id:ojisanno500yen:20190109190841j:plain
f:id:ojisanno500yen:20190109190852j:plain

iPadみたいな本を持つ白ウォズ

f:id:ojisanno500yen:20190109190912j:plain

次回、ウォズが更に進化!?


来週も非常に楽しみですね!

【今更】新年のご挨拶

あ け ま し て お め で と う ご ざ い ま す !!!

本 年 も 、 よ ろ し く お 願 い し ま す !!!!!

 

 


…挨拶が随分遅れちまいましたね。新年始まってもう一週間経ったんですか…年々時が加速しているように感じられるのがとても恐ろしい。今がマウンテンバイクを軽快に走らせているくらいの速度だとすると、ジジイになったらスペースシャトルが発射するくらいのスピードで1年が経ってしまうのではないでしょうか。

 

挨拶が遅れてしまった言い訳原因ですが、年末年始に久々に何日も出歩いたせいか新年早々風邪をひいちまいました。今も喉が痛くて咳が止まらず、マスクの下には鼻水の湖、略して鼻湖が出来ております。

去年までの年末は社内式典の設営スタッフに駆り出され、大阪と東京を何度も往復するという非常に慌ただしい年末を過ごしていたわけですが、今年はまったりと自分のペースでやりたいことだけをする有意義な年越しとなりました。

不思議なのは半強制的に働かされていた去年までより今年のほうが体調が悪くなると言うことですね。やはり人間勢いがあった方が病原菌も吹っ飛ばせるということでしょうか、それとももう若くないので無理は出来ないということか…?

 

f:id:ojisanno500yen:20190108083827j:plain
f:id:ojisanno500yen:20190108083836j:plain

話は変わって、大晦日大阪城ホールにて人生で初めてポルノグラフィティのカウントダウンライブに参戦して参りました。非常に良き内容のライブでございまして、過去最高に良い気分で年越しすることができました。

ネタバレに厳しい世の中ですから、詳しい感想はツアー日程が終了してから記事にする予定ですが、他にも1/31幕張公演と3/8横浜公演にも参戦するのでセトリや演出の変更点に注目です。

しかし今回のツアー、グッズの待機列が凄まじいことになっていましたね。
30日にグッズ購入の為だけに現地入りしたんですが、会場前に販売ブースがありグッズ購入待機列の最後尾と思われる所へ並ぼうとしたら、スタッフの方に

「グッズ購入の方は橋の反対側にまわってくださーい」

と案内され、言われるまま橋を渡って最後尾に並ぶと「えっ?遠っ!!」ってなりました。

 

どのくらい遠かったのか図解しますと

f:id:ojisanno500yen:20190108085028j:plain

⭕️がグッズ販売ブース、⚫️が待機列最後尾、雑な赤線が待機列導線です。

トータル4〜500mくらいはあったんじゃないでしょうか。

 

 

f:id:ojisanno500yen:20190108091107j:plain
ここに写ってる人が全部グッズ待機列ですよ。ディズニーランドかな?


グッズ購入だけで1時間半くらい並んだのは初めてでしたね。
川が目の前にあるからかとても寒かったです。もしかするとこれが風邪をひいてしまった遠因かもしれません。

まあ前日購入のおかげで時間に余裕を持って欲しいものが買えましたし、今回のグッズは結構格好良い品があったので満足度は高かったです。コーチジャケットが売り切れていたのは残念でしたが、予算もギリギリだったので次回以降でお金に余裕が出来たら買いたいですね。

ポルノの話題はこれくらいにして、ブログの話でもしようかな。
12月の目標であった『毎日更新』残念ながら29日で途切れてしまいました……。

達成できなければブログ閉鎖くらいの覚悟で挑んだ挑戦でしたが、惜しくも失敗。

 

30日から大阪へ出ており更新する暇が作れなかったのと、単純なネタギレが原因です。

毎日記事を書いている人は本当にすごいですね。僕はたった一ヶ月で「次は何書こう?」って頭を悩ませていたのに。

 

ちなみに閉鎖はしません。あくまでそれくらいの覚悟で挑むという目標だったので。



このブログを楽しみに読んでいる人がいるのかは不明ですが、止めるのも続けるのも自分次第。アゲハ蝶的に言えば「終わりなどはないさ、終わらせることはできるけど」というやつですね。

 

ブログを書くことも大事ですが、毎日やってると頭ん中そればっかりになりますからね。
僕の人生の指針はブログを書くことではなく、面白い話を考えて人に見てもらうということですから、そこの順序を間違うと何がなにやらわからない。まあ毎日更新したおかげで文章を書くことを習慣化出来たのも事実ですが、これからは良いネタができたら鮮度が高いうちに書き上げて楽しみにしている誰かにお見せしたいと思いますよ。

恐らく次の更新はジオウの感想ですが、何気にもう日曜日が過ぎていることにビビる。はやく見ないと(使命感)

 


そんな感じでのらりくらりとやっていきますので、これからもどうぞよろしくお願いします!!

 

 

 

 

f:id:ojisanno500yen:20190108083844j:plain

あ、Switch買っちゃった♡

仕事納めた

今朝、今年の仕事が終わりました。
年越しの足音が刻一刻と近づいていますね。

正月休みは2日までですが、夜勤の関係上3日の23時30分から出勤なのはちょびっとだけ得した気分になります。

仕事を初めて約1ヶ月半、だんだんと良いことと悪いこととが見えてきました。
自分の性にあっているとは思うので働きやすいと言えば働きやすいですが、何もかもが前職よりも優れているともやはり言えません。

ということで、今回はこの1ヶ月半で感じた今の職場の良い所と悪い所を、特定されてブチ怒られない範囲で紹介していきます。

 


☆良いこと☆
<通勤、帰宅ラッシュと無縁>
自転車通勤というのもありますが、出勤時は夜なのでほぼ誰もいない道を颯爽と駆け抜け、帰宅時は重そうな顔して会社へ向かう人々を尻目に悠々と帰路につきます。
まあこちらも夜通し働いた直後なので重たい顔(というよりきったない顔)してるんですけどね。

<仕事内容がわかりやすい>
今与えられている仕事は主に、①本のスキャン、②スキャンする前の本を機械に並べる準備、③本が入っていたケースの片付けの3つで、細かい面倒な作業(エラーの処理とか)はあれど基本的な作業はシンプルなのでほぼ思考停止でひたすら手を動かしてさえいれば1日の業務が終わります。

<人間関係のストレスが皆無>
必要以上に絡んでくる人がいない、というか忙しすぎて作業中は会話する暇なんてありませんから目の前の仕事に黙々と集中できます。
休憩時間でもほぼ誰も会話しないので静か過ぎてちょっと気まずい気がしますが。

<休憩時間がちゃんとある>
これが良いことに入るってのが前職のアレっぷりに拍車をかけますね(笑)
基本的に80~100分に1回10分間の休憩が入るので、足腰の過負荷を防いでいます。前職で一度腰逝っちゃってるからあまり長い立ち仕事ができず、すぐ故障者リスト行きになってしまうのでこれはありがたいです。

<意外と休みの融通が利く>
契約時に「シフトで決めた休み以外はとらないで」と言われました。常に人手不足の状態ですから、欠員が出るとそれだけで全員に重い負荷がかかるからでしょうね。
しかし人間、致し方ない休みって年に数回訪れると思うんですよ。私用以外にも突発的な冠婚葬祭に出くわす機会も充分にありますよね。
冠婚葬祭ではないですが、日中に急用が入って仕事の入り時間に間に合わない可能性があり、出来れば休みたいなぁと思っていた日のこと。

僕(でもシフト以外で休むなって言われたしなぁ~ダメ元で入り時間ずらす交渉してみようかなぁ…)

僕「○○さん、この出勤日なんですけど日中用事があって入り時間に間に合わないかもしれないです」

○○さん「ああそう、じゃあ来れそうな時間になったら連絡してくれたらいいよ」

僕「ちょっと遠出になるので、出来ればお休みにしていただきたいのですが…もちろん振り替えはします」

○○さん「はいはい、休みね。じゃあ次いつ出勤できる?」

僕「通常のシフトだとここ(金曜日)休みなので、代わりに金曜出勤しますね」

○○さん「はい、了解でーす」

この会話、なんと次の日のシフトの話である。
こっちとしては『断固拒否』も覚悟の交渉だったのでこれは素晴らしい対応だなと思いました。でもあきらかに迷惑はかけているのでなるべくしないようにしたいですね。

<労働内容の割に時給が良い>
労働内容については先ほど説明しましたが、深夜業務と言うことを加味しても時給がとても良いですね。(ほぼ)無資格・低学歴の人間がするバイトにしては破格だと思います。具体的な数字は書けませんが、週4勤務で充分すぎる生活費が稼げます。
正社員で働いてもっと安定した生活がしたい人からするとやや少ないかもしれませんが、僕のライフスタイルにはとても合っているのでこの高時給は非常に助かります。


以上が良いと感じたポイントです。
続いては悪いと感じた所を挙げます。

★悪いこと★
<物理的に無理っぽい作業スピード>
常に人員不足な状態のせいか、仕事中は半端じゃなく忙しいです。何度も「遅すぎる」って指摘されました。若干愚痴になりますが、結構古い機材を使っているので日によって良くエラーが出る日、あまり出ない日とバラつきがあります。エラーが出まくればそれだけ効率が下がるので調子が悪い機械に当たると最悪ですね。
あと本の形も千差万別なので、コミックや文庫なんかは作業しやすいので効率も上がりますが、図鑑とか写真集とかその他目立ちたがりの奇形本などが大量にあるとやりにくくて腹が立ちます。
1日に何度も「不可能だろ、物理的に考えて…」と思っています。

<指先のダメージが深刻>
最初の数週間が特に地獄でした。片手を目一杯広げて本を数冊同時に持つ作業を数百回繰り返すので、指先が叩きつけられて爪の間がボロボロになります。特に人差し指、中指、薬指が「ギターでも練習しとんか!」と突っ込まれそうなくらい固くなりました。
深爪ってめっちゃ痛いですよね?仕事が終わる度にあれに近い状態になるので一時期はご飯食べるのも寝るのも辛かったです。

<粉塵がすげぇ>
これは工場あるあるだと思いますが、いつから溜まっているのか不明な埃やゴミがそこかしこで舞い散っています。始めたばかりの頃ノーマスクで働いていたのは救いようもなくアホですね。黒い鼻水出まくりでしたよ。現在は作業中は常にマスクを着用し、出来るだけ粉塵を吸わないようにしていますが、いつかカイジの様に死神からのサインが起こらないとも限りませんね。
後、粉塵とは違いますが本が入っていたケース達を運ぶための木製の台がボロくて、木屑が良く飛んできていつか目にぶっささりそうで怖い。ゴーグルも買おうかな…。

<疲れてるのにすぐ寝れない>
現在21時30分~翌8時で働いていおり、8時30分頃帰宅して次の出勤は20時50分ぐらいには家を出ようと思うと与えられた余裕はほぼ12時間。風呂・飯・洗濯が入るので実際の自由な時間は更に減ります。なのでなるべく効率よく眠りたいのですが疲れた体って妙に目が冴えて眠れないんですよね。いつも布団に入ったのに3時間ぐらい目を閉じたまま起きています。「無駄な時間だなー」と思いつつも「でも眠れるときに寝とかないと…」と思って我慢しています。最悪なのは1回寝ると今度は起きれなくなって出勤前に体を起こすのがしんどいところ。
もっとサッと寝てサッと起きるって出来ればスマートに生活出来そうなんですがね。

<昼間に予定がある日>
地味にキツいな~って最近思います。夜型人間なので基本的には真夜中に行動するので通常問題ないのですが、まれに日中活動しているのが普通である世間様の予定で行動しなくてはならない日があります。
そういうときは夜勤明けで無理矢理起きてたりするんですが、昼過ぎにめちゃくちゃ眠くなってパフォーマンスが下がります。基本仕事に支障が出ない体内リズムにしたいので夜間はずっと起きていたいのに、そういう日は変な時間に起きてしまって夜中も変な時間に眠くなります。
酷いときは30時間くらい起きてその後15時間寝るみたいな日もあるので、そういう日は色々損した気分になります。

<休んだ分だけ給料が下がる>
休みの融通が利きやすいのは良いことなのですが、時給で買われている身なので当然働かないとお金は貰えません。バイトの怖いところってこれだなぁと思います。大きな病気や怪我で働けなくなったらあっという間に無一文ですからね。
粉塵が舞っていたり、重い物を運ぶ作業もあったりでいつ体を壊してもおかしくないので、安全に最大限配慮して本当に健康第一で毎日過ごさないとすぐ路頭に迷うことになりそうです。

思い当たる悪いところはこんな感じですかね。
正社員の頃とどっちが良いかと問われると…微妙かも知れません。
正社員は正社員で面倒臭い事は沢山ありましたし、実際社員として働くことに限界を感じたので今の立場を選んだ訳ですからね。ただ、やはり安定した生活を送る上での安心感は段違いですよね。
正社員の時は休憩時間が皆無なほど忙しい日もあればほぼ一日中暇な日もあったのに対し、現職は休憩がきっちりあるとはいえ業務中ははちゃめちゃに忙しいので、毎日全身が悲鳴を上げています。
人生何事も一長一短だなぁと思います。


仕事の話はこのくらいにして、これからの予定でも書いときましょうかね。
とりあえず眠くなったら寝て、夜起きてから大掃除をして荷造りします。

ポルノのライブ参戦は31日のみですが、30日にグッズ購入&会場回りの雰囲気だけ先に楽しもうかと思います。



生ポルノ、実はTHE WAY以来なのでとても楽しみです。しかも人生初の年越し公演でそれがもう目と鼻の先だなんて…。

 

 

 

 


…もう幻想では~な~くぅ~たぁ~しーかぁなもぉのぉーだー♪
とどーくよぉー、すぐにぃぃぃぃ♪



…………お休みなサイ。

500円おじさんのラーメン探訪シリーズ③『満珍軒 竜美丘店』

ラーメン探訪シリーズ第3弾でございます。

 


No.3【満珍軒 竜美丘店】

 


今回紹介するのは愛知県岡崎市にあります中華料理店『満珍軒・竜美丘店』
東岡崎駅から徒歩約15分の所にあり、昼飯の為にふらりと立ち寄りました。

高級中華っぽい外観とは裏腹に僕好みの庶民的な内装。(写真失念)
平日の13時くらいに入店したのですがお客さんは少なめでゆっくり落ち着けました。
4人がけと6人がけのテーブル席が3、4セットあったので、夜は大人数で宴会とかやってそうですね。

 

f:id:ojisanno500yen:20181228100848j:plain
頼んだのはラーメン半炒飯セット 800円税込み

麺はぷりぷりした食感の細縮れたまご麺。
醤油味のスープはあっさりしつつもコクがあり奥深い味わいで次々すすりたくなります。
具はほうれん草、チャーシュー、メンマの3種類。
ほうれん草は苦みがなくシャキシャキとした歯ごたえが良いアクセントになっており、チャーシューは厚みのわりにしっかりした噛み応えで「肉を噛んでる」感が見た目以上にあります。めんまも味が良くしみていて美味しかった。

セットの炒飯は何の変哲もない王道の炒飯。
風味がとてもよくジューシーな焦がしチャーシューが満足度大!
あと食べた後の口に残る味が妙に旨かったです。

デザートの杏仁豆腐にはパインが入っており、脂っこくなった食後の口をすっきりさせてくれます。

結構ボリューミーで味も良く、これで800円ならコスパ相当良いと思います。
お店には他のメニューも豊富なので、今度立ち寄ることがあったらラーメン以外のメニューも挑戦したいですね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お店の情報

店名…満珍軒 竜美丘店

住所…愛知県岡崎市東明大寺町16ー4

TEL…0564-25-2964

営業時間…昼間 11:00~14:00
     夜間 17:00~21:00

定休日…毎週月曜日
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

プラットホームで起きたプチ事件

本日2本目の記事です。

元々別に用意していたネタがあったんですけど、数時間前にちょっとした事件が起こったので割り込みでリアルタイムな更新です。

 

 


本日は所用により名古屋の方へ出かけていて、23時頃に東京へ戻ってきたわけですが、大宮方面行きの京浜東北線へ乗車して「ドアが閉まります」のアナウンスが入り、警告音が鳴り始めていたときにそれは起こりました。

 

 


電車に重たい何かがぶつかった鈍い音が響きました。

 

 

何が起こったのか混乱する車内とざわめくホーム側の人々。僕は車内のドアから3歩ほど離れた位置に立っており、最初は「ポイ捨てしたゴミでもぶつかったんだろう」ぐらいに思っていたんですがどうも様子がおかしい。電車は中々発車しないし、1カ所に大人達が集まってきて「大丈夫か!?」「しっかりしろ!」等と声をかけています。

何が起こったのか気になりすぎて野次馬根性全開でドアから顔を出して見ると…





自分が乗ってる電車の車両とプラットホームの間に中年男性の体が7割ほどはまって動けなくなっていました。居合わせた男性4人で救出活動をし、1人の女性は緊急停止ボタンを押して駅員を呼んでいます。

なんとか引き上げられた男性ですがピクリとも動きません。
「え、どうなってるの?…もしかして…」という空気が周囲に漂います。

3分ほど駅員が賢明に声をかけ続けた結果、男性は意識を取り戻しフラフラと立ち上がり「自分で歩ける」アピールをしましたが、大事をとってか駅員に肩を借りてどこか(おそらく医務室)へ連れて行かれました。

その後何拍かの間があってドアが閉まり、電車は走り始めます。
車内アナウンスでは「線路の安全点検のため、緊急停止しました」と放送されていました。

突然倒れた男性ですが、彼の体には一体なにが起こったのでしょう。
酔っ払い?持病?過労?睡眠不足?原因は定かではありませんが、人間誰しも卒倒する可能性は有り、もしかしたら自分にも起こりうるかもしれない。しかも今回はたまたま止まっていた電車にぶつかったから良いものの、もしもタイミングが悪ければ……と思うと嫌な想像を拭えません。

 


少しでも体がふらつくと感じたら、素直にその場に座ってでも休憩した方が良いですね。








 

 


まあこの事件最大の謎は、倒れただけで電車とホームの間わずか20cmの幅にどうやって入り込んだのかという事ですけどね。ホームに出ていた部分は頭と右肩のみで、残りは電車の下にすっぽり収まっていましたからね。

非日常という欲

子供の頃、親に欲しいものをねだっても中々買ってくれなかったことありませんか?

そういうとき僕は「なんてケチな母親だ!こんなに頼み込んでいるのに、きっとウチがビンボーだから買ってくれないんだな。欲しいものもすぐ買えないなんて、なんて家に生まれちまったんだ畜生!」なんて思っていました。

今回はそんな少年時代に感じていたフラストレーションと和解できるかも知れないと思った話です。

 


既に2日前ですが、人生で28回目のクリスマスを過ごした際に「なんか年を重ねる毎に『クリスマスというイベントそのものの特別感』が薄れてきたなぁ」と感じました。
子供の頃はクリスマス直前くらいで学校が休みになるって言うのもあると思いますが、つかの間味わえる非日常に連日ドキドキワクワクしていた気持ちを覚えています。

普段滅多に食べられない美味しい料理と、ずっと欲しくてたまらなかったプレゼントを貰って大喜び。毎年次のクリスマスには何が起こるんだろうと胸を踊らせていました。

しかし、だんだん大人になってくるとクリスマスに仕事をすることも珍しくないですし、財力という魔物によって別にクリスマスでなくても欲しいものは手に入るし、美味しいご飯も定期的に食べることが出来てしまいます。

子供の頃には非日常だった事が、大人になると当たり前に思えてしまう事が恐ろしいです。いい歳した大人が少しでも非日常を味わおうと思ったらより良いレストラン、より良い物を手に入れ続けなければなりません。

 

『非日常への欲求』はまるで麻薬のようです。

 

僕はあんまり物欲がないのでそれほど高価な物を手に入れようとは思いませんが、衝動的に欲しいと思ったときに金があれば、即時手に入れてしまいます。
このいつでも手に入る状態というのが、非日常のワクワクが減退する原因ではないかと考えます。


我々は常に新しい感動、刺激を求めて生きていると言ってもいいです。

 

しかし、どんなことだって初体験の感動を越えることは出来ません。
景色、恋、料理、創作物 etc…


そして感動や刺激に完全に鈍感になってしまったとき、心は死んでしまうのかも知れません。

ということで、長い人生生きていくうえで沢山の感動や刺激を得続けるためには、普段はなるべく節制した生活を送った方が良いのだなと思い、今なら無駄遣いさせなかった母親の気持ちが少しはわかったような気がするという話でした。